CAと結婚するのは大変?結婚後の生活やメリット・デメリットを解説

CAと結婚すると、どんな結婚生活になるのか気になる男性は多いのではないでしょうか?

CAは語学堪能で、美しい所作や言葉遣いができる素敵な女性のイメージがありますよね。しかし世界中を飛び回る忙しいお仕事なので、プライペートではなかなか会えないなどの悩みもあります。

そこで今回は、CAと付き合うメリットとデメリットを徹底解説します。

CAってどんなお仕事?

CAは飛行機を利用される方のサポートや、機内でお客様にドリンクや食事の提供をするのが主な仕事内容です。

語学やコミュニケーション力を駆使して世界中を飛び回っています。1回の勤務は2泊3日や3泊4日でシフトが組まれており、その間は遠方にいるため会うことができません。

そのためCAとお付き合いする場合は、生活スタイルについて理解が必要です。

CAと結婚する3つのメリット

まずはCAと結婚するメリットからご紹介します。CAは容姿端麗なだけでなく、女性として品格のある立ち振る舞いが魅力です。

具体的にどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

①     容姿や所作が綺麗な人が多い

女性に人気の職業と言われるだけあって「美しさ」や「女性らしさ」を大切にする人が多いです

入社してからも、マナーや身だしなみについての教育が熱心に行われています。そのため日頃から清潔感のある身だしなみや、女性らしい振る舞いが身についている人がほとんどです。また女性が中心の職場なので、お互いに刺激し、外見を磨く努力を怠りません。

このようにCAは綺麗でいようと心がけている人が多いです。

②     コミュニケーション能力が高い

CAは多くのお客様を接客するので、コミュニケーション能力が高い人が多いです。

何百人ものお客様を観察して、その人にあったサービスを提供しなければなりません。小さいお子さんからビジネスパーソン、お年寄りまでそれぞれに合わせた接し方を判断します。

例えばお子さまにはおもちゃをプレゼントしてお母様の負担を減らしたり、ビジネス利用の方にはお仕事の邪魔にならないよう過剰なサービスは控えています。

そのような配慮が自然にできる点と、人と接するのが好きな人が多いことからコミュニケーション能力が高い人が多いです。

③     経済的・精神的に自立している

CAはお給料が高く経済的に自立している人が多いです。宿泊が必要な勤務があるので手当てが支給されるためです。近年は男女の給与の格差も少なくなっています。共働きで生計を立てたいと思っている男性には心強いでしょう。

またCAは厳しい状況で働いていることもあり、精神的にも自立している人が多くいます。あなたの仕事が忙しくて会えない日が続いても、一人の時間を楽しんでくれるでしょう。

精神的に自立している女性とは、長続きする可能性も高いですよ。

CAと結婚する3つのデメリット

次にCAと結婚するデメリットについてご紹介します。

冒頭でお伝えしたように、彼女たちの生活スタイルは一般の女性とは違います。仕事とプライベートを切り分けることも難しいため、ストレスが溜まりがちでもあります。

①     家にいない時間が多い

CAは2泊3日や3泊4日出勤したら2〜3日休むというスケジュールで働くため、家にいない時間が多いです。また土日が休みではないので、休日が合わせづらいのも悩みの一つになるでしょう。

家庭的な女性を求めている男性には、家を空けている時間が長すぎて違和感を感じる人もいます。そのためCAと結婚を考える場合は、そのような彼女たちの生活リズムを理解して家事も自分できるようにしなければなりません。

②     マナーや常識に関して厳しい

CAは会社でマナーについて厳しく指導されます。そのためお付き合いする男性に対してもマナーで気になることがあると、細かく口を出したり、その部分を直すように求めたりするでしょう。

たとえば高級レストランに行ったときのテーブルマナーや、服装がTPOに合っていないなどプライドを傷つけられる発言もあるかもしれません。

また仕事ではさまざまなお客様を相手にしているため、どうしても厳しい目を向けてしまうでしょう。

しかし品格を大事にするよう教育されてきた彼女たちにとっては、指摘されることも当たり前なことなのです。

彼女たちにとっては自然なことだと理解して、広い心で受け入れましょう。

③     ストレスが溜まりがち

CAのお仕事は非常にストレスが溜まります。女性が多い職場なので人間関係や先輩への気遣いも欠かせません。お客さんの中にもクレーマーや注文の多いわがままな人などもいるので、ストレスが多い職業なのです。

そのような勤務を3〜4日連続でこなせば、お休みの日は「何もしたくない」「愚痴を吐いて、ストレス発散したい」と思うのも無理はありません。せっかく一緒に過ごせる休日が、お出かけもできず愚痴を聞くだけで終わってしまうのは悲しいですよね。

また仕事のストレスをぶつけられている内に、自分もマイナスな気持ちになってしまう可能性があります。

CAと結婚できるのはどんな男性?

それでは実際にCAと結婚できるのはどんな男性なのでしょうか?CAは自分の仕事を理解してくれる男性や、品のある男性を好む傾向があります。

ここからは、具体的などんな男性が好まれるのかご紹介します。

紳士的な男性

女性としての自分磨きを怠らず、マナーを身につけているCAは、レディーファーストがスマートにできる紳士的な男性が好きです。

紳士な男性は相手に対して敬意を持って接します。お客さんを敬い丁寧な接客を心がけているCAと価値観が似ているでしょう。

またCAはマナーについて厳しい人が多く、結婚相手にも常識のある振る舞いを求めます。例えば静かなレストランで大声を出したり、自分の話ばかりしたがる人は、他人に配慮できないマナーのない人だと思われてしまいます。

紳士的な行動は難しいと思われがちです。しかしドアを開けて女性を先に通してあげたり、重いものを代わりに持ってあげるだけでも、十分アピールに繋がりますよ。

自分にできそうなことから行動してみてくださいね。

CAの忙しさを理解できる男性

CAは多忙です。デメリットでもお伝えしたように、結婚後も3〜4日帰ってこないことが当たり前の生活になると覚悟しておいたほうがいいです。

しかしCAは激務の中頑張っているので、寂しい気持ちをぶつけて困らせてしまうのは禁物です。むしろ応援してあげられる器量を持ち合わせている男性のほうが、お互いにストレスなく過ごせるでしょう。

他にも寂しい気持ちを紛らわせるために、没頭できる趣味を持つのもいいですよ。

また3〜4日帰ってこないので家事も滞ってしまいます。奥さんが仕事に行っている間の家事は、全て自分でこなせるようにしておきましょう。

ハイスペックな男性

CAは経済力もあり容姿端麗で語学堪能な人が多いです。

そんなハイスペックな彼女たちは、相手にも自分と同じように仕事ができる人を理想にあげます。CAの中にはお家柄のいい女性もいるので、両親に紹介することを考えてハイスペックな男性を選ぶというのも一つの理由です。自分たちのステータスが高い分、相手にも同等の地位を求めるのは当然のことでしょう。

しかし、最近はハイスペックな男性に興味がない人もいます。そのようなCAに出会ったら紳士的な振る舞いを心がけ、仕事への理解を示しアピールしましょう。

まとめ

CAはシフト制の勤務で休日が不定期で、家を開ける時間も長いので、結婚生活では仕事へ十分な理解と家事能力を身につけておくことが大切です。また仕事では大きなストレスを抱えるため、愚痴を聞いてあげなければならないこともあるでしょう。

しかしCAは美意識の高い人が多く、秀でたコミュニケーション能力で会話を楽しませてくれるでしょう。そんな素敵な女性を奥さんにできたら、幸せな結婚生活になりますよね。

そもそもCAと結婚するためには、CAと出会いお付き合いを始めなければなりません。ですが、日常生活の中でCAと関われる機会は少ないですよね。

そこでおすすめなのが、20〜30代のCAと男性のマッチングサービス『CAプレミアム』です。このサービスでは毎月6名(2回×3名ずつ)の異性をご紹介します。気になる方がいたらアプローチボタンを押し、相手もOKなら2人で会うことができるシンプルなサービスです。手軽に利用できるので、忙しい方にもおすすめです。

CAプレミアム』に登録してCAの結婚相手をゲットしませんか?