年代別!大人の男が今読むべき雑誌17選

あなたは普段、メンズ雑誌を読んでいますか?

「学生時代は読んでいたけれど、社会人になってから読まなくなった」「年齢を重ねるにつれ、どんな雑誌が自分に合っているのか分からなくなった」という方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな男性の方々に向けて、主要なメンズ雑誌を年代別にご紹介します。雑誌にはファッションのトレンドだけでなく、生き方のヒントやちょっとした生活の知恵など、ライフハックにかかわる様々な事柄が載っています

普段の息抜きに、そして新しい何かを見つけてみたい、という人は是非チェックしてみてください。

幅広い年代向け

『Begin(ビギン)』(世界文化社/月刊)

『Begin』は、こだわる男の「モノ&ファッション」雑誌。ファッションアイテムだけでなく、ビジネス小物、ガジェットなど、ブランドや流行よりも、クオリティーの高さにこだわったアイテムを、読み応えたっぷりのボリュームで紹介してくれます。大人の「いいモノ」が知りたい方は『Begin』から始めてみるといいかも知れません。

『BRUTUS(ブルータス)』(マガジンハウス/月2回発行)

特集に特化したワンテーママガジンである『BRUTUS』は、旬な話題から生活に密着したテーマ、アート・建築など、幅広いコト・モノを扱っています。『POPEYE』よりもやや年上向けではありますが、その内容の多彩さ故に、女性からの支持も熱い雑誌です。新しい世界を開きたい、という方には是非おすすめです。

『Pen(ペン)』(CCCメディアハウス/月2回発行)

上質な日常はすぐそこにある」をコンセプトに、さまざまな情報を発信する、ワンテーマのライフスタイルマガジン。車、家電、ワイン、結婚など、こちらも幅広く濃い内容の特集が魅力。初心者からその道の人まで満足できる、質の高い記事が多く掲載されています。

『POPEYE(ポパイ)』(マガジンハウス/月刊)

20代~50代まで幅広い年代に愛されるライフスタイル情報誌『POPEYE』。創刊は1976年と、男性誌の中でも非常に長い歴史を持ちます。

「シティボーイのためのファッション&カルチャー誌」のキャッチコピーの通り、特集の内容は実に多彩かつ面白い切り口のものばかり。ファッションのことからサブカル、料理まで、楽しさが目一杯詰まった内容の濃い一冊です。

20代~30代向け

『BITTER(ビター)』(大洋図書/月刊)

「センスと色気」を求める20代~30代の男性に向けたファッション誌。アウトロースタイルのファッションに特化しており、本誌の読者のことを「ビタ男」と呼ぶのだとか。かつて渋谷系のギャル男たちから絶大な支持を受けていた『men’s egg』の流れを汲んでいるため、若い時に愛読していた方は、『BITTER』であの頃の気持ちを思い出してみてはいかがでしょうか。

『Men’s JOKER(メンズジョーカー)』(KK ベストセラーズ/月刊)

「ONとOFFをスタイリッシュにする男の『切り札』マガジン」をコンセプトに2004年4月創刊した、アラサー向けのメンズ雑誌。ファッションだけでなくONもOFFも楽しめるライフスタイルを提案しています。ベーシックできれいめ、シンプルなコーディネートが多く、ファッション上級者でなくても読者も取り入れやすいファッションを紹介しています。

『men’s FUDGE(メンズファッジ)』(三栄書房/月刊、年10回発行)

トラディショナルスタイル、ヨーロピアンスタイルに特化したハイカジュアルファッションを提案する『men’s FUDGE』は、海外トレンドを意識した大人の一冊。「シンプルでさりげなく格好いい!!」のキャッチコピーに興味をもった方は、ハイセンスな表紙にも惹かれること間違いなし! 是非書店で手に取ってみてください。

『RUDO(ルード)』(マガジン・マガジン/月刊誌)

「シンプルで男臭いスタイル」をコンセプトに、「武骨さ」や「不良っぽさ」を追求したストリート系メンズファッション誌です。RUDOとはスペイン語で「無礼な、粗暴な」といった意味。ちょっとクセはありますが、何歳になっても荒々しい男らしさを忘れたくない男性におすすめの雑誌です。

30代~40代向け

『UOMO(ウオモ)』(集英社/月刊)

『UOMO』は「メンノン」でおなじみ『MEN’S NON-NO』を卒業した、アラフォー男性向けの雑誌です。紹介しているファッションは上品&シンプルなものが多く、センスある落ち着いたコーディネートを学びたい人が読み始めるにはちょうど良い難易度。ビジネススタイルも多く紹介してくれていますので、オフィスでの服装に悩んでいる方も必見

『OCEANS(オーシャンズ)』(ライトハウスメディア/月刊)

30代後半~40代を取り巻く様々なテーマを取り上げる『OCEANS』は、コジャレたオヤジ「コヤジ」スタイルを提案する、お洒落な大人のためのカジュアル系ファッション誌。一人の男としてだけでなく、父親としてのカッコ良さも教えてくれる、「新しい40代」のための雑誌です。

『Safari(サファリ)』(日之出出版/月刊)

男性ミドルエイジに向けた『Safari』は、大人カジュアルと海外セレブファッションを中心に紹介するオフタイム活性化マガジン。国内リゾートやドライブの楽しみ方、アートなど、大人のオフを満喫させるヒントが沢山。いつまでも若々しくありたい!という男性に是非おすすめしたい雑誌です。

『GQ JAPAN(ジーキュージャパン)』(コンデナスト・ジャパン/月刊)

1957年に米国で創刊され、現在は19の国と地域で発行されている、世界で最初のメンズ・ファッション&ライフスタイル誌『GQ』の日本版。ビジネス・プライベートの両方で「本質」にこだわる男性に向けて、ファッションからガジェット、アート、経済まで、幅広く最新の情報をキャッチできる、洗練された男性のための雑誌です。

『MEN’S EX(メンズイーエックス)』(世界文化社/月刊)

「できるビジネスパーソン」を演出するこだわりのファッションアイテムや着こなしテクニックを紹介するライフスタイル誌。お洒落なスーツの着こなし方や出張の際の便利情報、40代からの健康管理法など、働き盛りの男性たちに熱いエールを送ってくれる内容となっています。

『MEN’S CLUB(メンズクラブ)』(ハースト婦人画報社/月刊)

2014年に創刊60年を迎えた『MEN’S CLUB』は、欧米のファッションや海外トレンドを中心に紹介する、上品で知的な大人のための男性誌。ただ海外のモノをピックアップするのではなく、あくまで日本人のスタイルや生活様式に合ったモノだけを厳選して紹介してくれるところにコダワリが。

40代~向け

『2nd(セカンド)』(エイ出版社/月刊)

アメカジ雑誌『Lightning』の兄弟誌としてスタートした『2nd』は、30~50代のセカンドカジュアルスタイルを提案する総合ファッション誌。

「身近でリアルなスタイリング見本」のコンセプトの通り、お洒落でありつつも真似しやすいコーディネート提案は、読者からも高い支持を得ています。

『MEN’S Precious(メンズプレシャス)』(小学館/季刊)

2009年に女性誌『Precious』の増刊号として誕生した『MEN’S Precious』は、大人の男性の品格とラグジュアリーさを追求する、こだわる男の「モノ語り」マガジン。洗練された名品やビジネスエリートにふさわしいコーディネートなど、40代~50代のエグゼクティブな男性に向けたクオリティーの高い記事が多数。

『LEON(レオン)』(主婦と生活社/月刊)

「ちょい不良(ワル)オヤジ」で一世を風靡した『LEON』は、ちょっと不良だけど渋くて上品でカッコいい、そんな男性を目指したい40代~50代の方に向けたクオリティライフ実用誌です。お洒落アイテムから時事ネタ、会話で使える小ネタまで、遊び心と「ちょい不良」センスが詰まった一冊です。

まとめ

自分に合いそうな雑誌は見つかりましたか?

読書にもピッタリなこれからの季節。たまにはスマホやPCから離れ、紙媒体をめくってみるのも、いい気分転換になりますよ。

今年も残すところあとわずかです。新しい自分や趣味を見つけるためにも、是非、書店に足を運んで、色々な雑誌を読み比べてみてはいかがでしょうか。