客室乗務員に多い「性格」と「好みの男性」について解説

合コンや婚活パーティーで根強い人気を誇る職業、客室乗務員(キャビンアテンダント)。「どうにかして客室乗務員と付き合いたい!」という密かな願いを抱いている男性も多いのではないでしょうか。

しかしこの客室乗務員という職業は、専門性の高さ故に、実は付き合う男性側にも相応のスキルや仕事への深い理解が求められるのです。

男性側は客室乗務員と付き合うために、どのような能力を備えているべきなのでしょうか。また、客室乗務員が交際相手に求める「理解」とはどのようなものでしょうか。

客室乗務員と付き合いたい方は是非読んでみてください。

客室乗務員に従事しているのはこんな人たち

まずは、客室乗務員の女性たちにどのようなタイプが多いのかを見てみましょう。

(1)自己管理能力が高い

体が資本の客室乗務員にとって体調管理の徹底は必須。慢性的な時差ボケや長時間の立ち仕事・気圧差による脚のむくみなど、客室乗務員は健康を脅かす危険因子から常に自分を守らなくてはなりません。そのため彼女たちは、普段からジムに通って丈夫な体を作ったり、必要な時にすぐ眠れるよう睡眠をコントロールしたりといった健康管理を行っています。

また時間管理能力も客室乗務員にとって無くてはならないスキル。搭乗便が時間通りに離着陸できるよう乗客を誘導する、短い時間内で全員に飲み物を配り終えるといったように、客室乗務員は限られた時間の中で効率的かつ平等にサービスが行き渡るように気を配っているため、時間の使い方が非常に上手いのです。

(2)向上心がある

客室乗務員は航空会社の顔とも言える存在です。そのため、彼女たちは普段から自分の「美」を磨くことに余念がありません。外見的な美しさはもちろん、立ち振る舞いや細かい心配りなど、内面的な美も常に磨いています。

また、飛行機や天候に関する知識をはじめ、外国語やマナー、会話術といったサービス全般にかかわる知識を備えていることが求められるため、休日は習い事をして更にスキルアップを目指している人も多いです。

エグゼクティブな乗客やVIPをもてなすファーストクラス担当の客室乗務員は、幾つもの言語に精通し、ワイン・料理から政治・文化・経済の知識まで幅広い教養を自発的に学んでいます。

(3)コミュニケーション能力が高い/人と関わることが好き

客室乗務員の業務の大半は接客ですから、もともと人と接することが好きな人たちがこの業種を志望します。

キャリアを積むうちにコミュニケーション能力はどんどん磨かれていき、在職中に得た知識を活かして、航空会社を退職した後に話し方教室やマナー教室の講師として働く元客室乗務員もいます。

品が良く言葉遣いが綺麗、話が簡潔で分かりやすい、口調がやわらかいといった特徴に加え、状況に応じた上手な切り返しができたり、機転ある発言ができたりと、TPOを踏まえた適切な会話ができるベテラン客室乗務員も。

(4)アクティブかつ主体的

客室乗務員たちは日本中、世界中を飛び回っていますので、フライト先でも休日でも、ホテルや家でじっとしてなんていられない! という人が多いようです。

現役客室乗務員や元客室乗務員の人たちのブログを見てみると、休日はまずしっかり睡眠を取り、その後に習い事へ行ったり、スポーツジムに行ったり、友達とショッピングや食事を楽しんだりと、貴重な休みを存分に活用して楽しんでいる姿が見受けられます。

またフライト先でも、現地のレストランを開拓したり、マリンスポーツに興じたりと、客室乗務員ならではの特典を活かして充実した日々を送っています

(5)瞬時の判断能力に優れている

天候の乱れや乗客同士のいさかい、機体の不具合など、機内はいつどんなトラブルが起きるか分かりません。しかし客室乗務員はいかなる場合でも、乗客の安全を確保し飛行機を無事に離着陸させられるようサポートしなければならない立場にあります。

そのため彼女たちは状況を瞬時に把握できる能力に長けている他、その場に応じた適切な判断を下せられるよう、新人の頃から訓練を受けています。

海外では、人身売買で連れ去られそうになる少女を客室乗務員がいち早く見抜いて、見事、売買を未然に防げたという事例も。安全管理へかけるプロ意識の高さが分かりますね。

客室乗務員に好まれる男性のタイプは……

客室乗務員の女性たちがどのような傾向の性格で、仕事にどれほど真剣に取り組んでいるかお分かりいただけたでしょうか。

普段から多くの人と接し、人を観察している彼女たちだからこそ、自分の恋人となる男性にも確立された理想像があるのだそうです。

客室乗務員に好まれる男性像とはどのようなものなのでしょうか。一つ一つ見ていきましょう。

(1)時間管理がきちんとできている/オンオフの切り替えができる

時間厳守の仕事に就いているからこそ、客室乗務員は自分の恋人にも「きちんとしている」ことを求めます。待ち合わせの際の遅刻なんてもってのほか。デートの段取りがグダグダだったり、時間を無駄に浪費してしまうことも、好感度を大きく損ねる原因になってしまいます。

客室乗務員とデートする際は、あらかじめ所要時間を定めておき、その中で効率よく楽しいデートができるように、入念に準備した方がよいでしょう。

また、オンオフの切り替えができていることも重要です。仕事の疲れをデートに持ち込んだり、逆に、仕事中にも関わらず頻繁に連絡したりすることのないよう気を付けましょう。

(2)仕事に誇りを持っている/真剣に取り組んでいる

時には100倍を超えるとも言われる、客室乗務員の採用倍率。そんな激戦をくぐり抜け、憧れの客室乗務員になれてからも日々努力を続ける彼女たちの原動力は「仕事への誇り」です。そのため彼女たちは、自分たちと同じく「仕事に真剣に取り組む男性」を好む傾向にあるようです。

客室乗務員と仕事の話をする際は、仕事の愚痴ではなく、自分がどうしてその業種を選んだのか、仕事のやりがい、将来の目標など、建設的な視点から話すようにしましょう。

(3)話し上手&聞き上手

客室乗務員は会話のプロですから、他人の話し方や考え方を良く分析しています。客室乗務員レベルの会話を男性側も求められている訳ではありませんが、

  • 要点を簡潔に話す
  • 汚い言葉、崩れた言葉は使わない

といった基本的なポイントを抑えていると、話し上手な印象を与えられます。

また、接客サービスの最前線にいる客室乗務員たちは「自分の話をじっくり聞いてくれる人」が好きです。彼女たちが仕事の顔を忘れて素の状態でリラックスできるくらい「聞き上手」になれば、あなたは心を開ける特別な存在として見てもらえるでしょう。

(4)自分の時間が充実している

客室乗務員たちはアクティブだという話を前の項目でしましたが、仕事も私生活も充実している彼女たちだからこそ、恋人もそうであることを望んでいます。

何か一つの趣味を長く続けていたり、何にでも興味を持って楽しむことができたり、休みの使い方が上手だったりと、充実した生活を送っていると心に余裕ができ、人生に潤いが出てきます。

「そんなあなたと一緒にいたい」と思わせられるような男性になれるよう、休日の過ごし方を工夫してみてはいかがでしょうか。

(5)女性を尊重してくれる

花形の職業に就き、バリバリと働いている客室乗務員たちは、自分の行動を制限されることが嫌いです。結婚後に専業主婦になることを押し付けたり、休みを合わせづらい彼女を責めたりする人は、客室乗務員との恋愛に向いていないと言えるでしょう。

彼女の考えや仕事に対する姿勢を尊重しながらも、デートの時やプロポーズの時など、リードすべき場面ではきちんとリードできる、そんな男性が好まれる傾向にあるようです。

(6)危機管理能力が高い/臨機応変に動ける

客室乗務員の危機管理能力の高さや優れた判断力については、既にご紹介した通り。そんな彼女たちに「頼りになる」と思わせるためには、男性側も状況把握力や判断力、とっさの対応力などを磨く必要があります

交際中に垣間見える「頼りがい」は、そのまま、「この人と結婚してやっていけるだろうか」という判断基準にもなりますので、不慮の事故や日常生活で起こりうるトラブルなどに対して瞬時に対応できるよう、普段からトラブル対処法についての知識を仕入れたり、冷静さを失わないよう自分をコントロールしておくと良いでしょう。

(7)「一級品」を知っている

政財界の要人や芸能人など、国内外のVIPと接する機会の多い客室乗務員たちは、一級のサービスを提供するために、モノや振る舞い、場所や話題など、あらゆる一級品の情報を網羅しています。

そのためデートでランクの低いお店に行ったり、プレゼントの趣味が悪かったりと、センスの悪さを露呈してしまう人は交際相手としてNG。中には「自分はバカにされた」とプライドを傷つけてしまう場合もありますので、客室乗務員と付き合いたい人は交際前からセンスを磨いておくことをおすすめします。

まとめ

客室乗務員たちの好みの男性像が把握できたでしょうか。

この記事を読んで、客室乗務員の女性と付き合いたい思いがもっと高まった!という方にお勧めのサービスがあります。

ダブルプレミアム」では、ハイステイタスの男性を対象に、毎月5名の客室乗務員の女性を紹介するサービスを行っています。

客室乗務員に限定した婚活サービスは、業界内でも「ダブルプレミアム」のみ。20代~32歳中心の現役客室乗務員の女性しか登録していませんので、客室乗務員と交際したいと考えている方にはピッタリのサービスです。

自分を磨いて、「これなら客室乗務員の女性と付き合える!」と自信がついたら、是非登録してみてください。