【出会いのチャンスが広がる!】結婚相談所でお見合いの回数を増やす方法

婚活方法の一つである結婚相談所。一昔前はどうしても結婚できない人が頼る最後の砦のような存在でしたが、婚活が一般的かつ前向きなイメージを持たれるようになった近年では、もっと積極的に人生のパートナーを探せる手段として若い世代にも多く利用されています。

結婚相談所を利用する中で最も多くの方が直面するのが、「なかなかお見合いができない」という問題。この記事を読んでいる方の中にも、「結婚相談所に入会したけれど、なかなかお見合いまで辿り着けない」「入会しようか迷っているけれど、実際ちゃんとお見合いできるか不安」という方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回はそんな方たちのために、どうすればお見合いの回数を増やすことができるのかについて解説します。

結婚相談所の入会~成婚までのシステム

結婚相談所を利用したことがなく、そもそもお見合いとはどんなものなのか分からないという方のために、まずは結婚相談所の利用の流れについて大まかにご説明します。

(※実際のサービス内容や利用の流れは運営業者によって多少の差があります。)

(1)入会

結婚相談所は全国各地に支店があり、そこに利用者が直接出向いて会員登録を行います。独身証明書や年収が確認できる書類、プロフィール用の写真などを提出し、初期費用と月会費を支払うことで登録が完了します

(2)カウンセリング/プロフィール作成

入会すると、結婚相談~成婚までをサポートしてくれるコーディネーター(アドバイザー)と呼ばれるスタッフがつき、婚活についてのカウンセリングを行ってくれます。そこで、

  • 相手への希望(年齢・年収・家族構成・趣味など)
  • いつまでに結婚したいか
  • 結婚観・価値観(あなたが結婚にどんなことを求めているか)
  • 婚活にあたっての不安

などを相談しながらあなたの詳細なプロフィールを作成し、成婚までのスケジュールを立てます。

(3)相手探し

自分のプロフィールを作成し終えたら、結婚相談所のデータベースに登録している会員の中から、自分に合った人がいるかどうかを検索していきます。自分で探す以外にも、コーディネーターがお薦めの人をピックアップして紹介してくれる場合もあります。

(4)お見合いを申し込む/申し込まれる

プロフィールを見て気になった人がいたら、コーディネーターを介してその人にお見合いを申し込みます。また逆に、あなたのプロフィールを気に入った人からお見合いの申し込みが来る場合もあります。両者の同意があれば、後日お見合いへと移ります。

(5)お見合いをする

場所・日程をコーディネーターに調整してもらい、いよいよお見合いです。お見合いにはコーディネーターは同席しませんので、二人きりでじっくり話ができます。人気がある人だと、1日に複数回お見合いをすることもあるのだとか。

特定の人とお付き合いを始めるまでは、お見合いは何回でもできます。

(6)交際を始める/次のお見合い相手を探す

お見合いをして両者共にお互いのことが気に入ったら、トライアル期間を経て「真剣交際」へと移行します。真剣交際に移行すると他の会員からのアプローチをシャットアウトし、一人の人と集中してお付き合いができます。お付き合いの過程で「やっぱりちょっと違うな」と感じれば、コーディネーターを通して交際を中止し、新しいお見合いをセッティングしてもらいます。

(7)成婚

真剣交際を経て、お互いに「この人と結婚したい」と思えたらめでたくプロポーズ、成婚となります。結婚相談所に成婚料(契約内容によって異なります)を支払い、退会。あとは両親への挨拶、結婚式場の下見など、明るい未来に向かって二人で歩みを進めます。

何故なかなかお見合いができない? お見合いの回数を増やすには?

流れだけを見ているとスムーズにゴールまで辿り着けそうな気もしますが、実際はそう簡単ではありません。

  • そもそもお見合いをしたいと思える相手がいない
  • お見合いを申し込んでも相手にOKしてもらえない
  • お見合いの申し込みが来ない
  • 自分の好みに合わない人からばかり申し込みが来る

など、お見合いをする前の段階で壁にぶつかってしまう人が大勢いるのです

ではなぜ、思ったようにお見合いができないのでしょうか。そしてお見合いの回数を増やすにはどうすればいいのでしょうか? 5つの観点からアドバイスします。是非、ご自身のスタンスやプロフィールを振り返りながらお読みください。

条件を下げるのではなく“広げる”

結婚相談所に限らず、婚活がなかなか上手くいかない人に多い原因は「相手の条件を絞りすぎているから」です。

例えば、

  • 年齢は20代でないと認められない
  • 年収が○○円以上の人でないとダメだ
  • ○○の職業の人がいい
  • 交際経験のない人がいい
  • 容姿が優れた人でないと嫌だ

など。実際にはこの「条件」が一つではなく複数絡み合っているため、合致する相手の枠がどんどん狭まっていってしまう訳です。

まずはその条件を見直し、それが本当に結婚相手に対して必要なのか、現実的な条件であるのかを考えましょう。

そして、どうしても譲れない条件以外は取り払って、自分の門戸を広げましょう。これは「妥協する」「条件を下げる」ということではなく、「選択の幅を広げる」ということです。視野を広げると言ってもいいかもしれません。

厳しい条件によって自分が相手を選ぶ機会を減らしてしまっているということは、逆に見ると、相手から選ばれる機会も減らしてしまっているということです。仮にあなたが40代で、20代の女性と結婚したいと思っていても、彼女たちは20代~30代の人と結婚したいと思っているかもしれません。

そうした場合、「40代と結婚したいと思う20代の人」を探すよりも、「40代と結婚したいと思う人」に条件を広げて探したほうが、マッチング率は高まります

行動力を持つ

結婚相談所ではプロのコーディネーターが成婚までをサポートしてくれますが、それは全てを任せきりにしていいという訳ではありません。あなたが思っていること、婚活をする中で変わった考え、サービスについての要望など、あなたが積極的に関わっていかなければコーディネーターにも伝わりません。その結果、自分の求めるゴールからも遠ざかることになってしまいますので、自分から積極的に発言したり質問したりする姿勢で臨みましょう。

また、女性側からお見合いの申し込みが来ても、「条件に合致しないから」「容姿が好みでないから」といった理由でお断りばかりしていませんか?

門前払いをするのではなく“まずは会ってみる”という行動力はとても大切です。会ってみたら実はとても気が合う人だったという可能性も十分ありますし、出会う機会を自ら掴んでいかなければ、そもそも恋愛に発展するチャンスすらないのです。

条件や見た目にとらわれることなく、まずは一度会ってみるという姿勢を持ちましょう。

プロフィール欄を見直す

プロフィールは本人に代わってあなたをアピールしてくれる重要なものです。そのため、女性から「この人に会ってみたい」と思わせる内容にすることが出会いのチャンスを増やす鍵となります。

  • 経歴や資格だけ列挙してある履歴書のような内容
  • 相手に求める条件だけズラーっと並んでいる

など、堅苦しいだけで“あなた”という人物像が見えなかったり、自分のことばかり主張したりするプロフィールはNG。

  • 自分の趣味、好きなこと
  • 相手と一緒にしたいこと
  • 自分が夫になった時、相手のためにできること

など、相手が“理想の旦那さん”をイメージできるような内容をプラスすると、プロフィールを見た相手からの好感度が大きく上がります。

また、女性のプロフィールを見る中で、「もっとこういう情報があればいいのにな」「こういう書き方いいな」と思うことがあれば、自分のプロフィールにも積極的に盛り込んでいきましょう。

自分自身をさらに高める/親しみやすくする

婚活は、自分が選ぶ側であると同時に選ばれる側でもあります。そのため入会してからも常に自分を高めて、より「この人と結婚したい」と思ってもらえるような人物になるという意識を持ちましょう。

煙草やパチンコなど、多くの女性から敬遠される趣味・習慣を持っている人は、きっぱりとやめることをお勧めします。また服装や髪型にも気を遣い、入会からしばらく経ってもお見合いの申し込みが来ないようであれば、プロフィールの写真を替えることも検討しましょう。

ただ、高級スーツ+ワックスでカチッと固めた髪型など、あまりに決めすぎているとかえって取っ付きにくい印象を与えてしまいますので、高級感よりも親しみやすさに重点を置いたほうが選んでもらえる可能性も高まります

スタイリングやファッションコーディネートなど見た目の面も包括的にサポートしてくれる結婚相談所もありますので、センスに自信のない方はそうしたサービスを検討してみても良いでしょう。

コーディネーターと腹を割って話し合う

多くの結婚相談所は一般的に見て高く思える入会料や月会費を必要としますが、それは婚活のプロであるコーディネーターが、それに見合う手厚いサポートを行い、成婚まで支えてくれるからです。

ですから、結婚相談所に入会したら遠慮せずに自分の希望をきちんと伝え、コーディネーターからのアドバイスもきちんと取り込んで、成婚のために二人三脚で歩んでいくイメージを持ちましょう。「こんなこと聞いたら恥ずかしいかな」「ちょっと言いづらいな」という思いは捨てて、積極的に話し合った方が時間も無駄になりません。

もしどうしてもコーディネーターと相性が悪い、意思疎通が上手くいかないようであれば、担当を代えてもらうのも一つの手です。面と向かって言いづらいようなら、同じ支店の別のスタッフに伝えるなどして対応してもらいましょう。

まとめ

婚活を長く続けていると、ちょっとしたことでも不安になったり、相手が見つからないことでナーバスになってしまったりしがち。そうした時は気持ちを切り替えて別のサービスを利用してみると、驚くほど早く結果が出ることもあります。

当社では、医師・経営者・弁護士・国家公務員・大手企業勤務などのハイステイタスな男性と、現役客室乗務員(CA:キャビンアテンダント)の女性のみに会員を限定したマッチングサービスダブルプレミアム」を運営しております。

登録いただいた方に毎月5名の異性を自動でスマートフォン宛にご紹介するシステムのため、忙しい中時間を見つけて登録所などに足を運ぶ必要はありません。

また、当サービスに登録している現役客室乗務員の女性たちは、男性に人気の20代~32歳中心が中心。結婚相談所ではなかなか20代の女性と出会えなかったという方も、ここでならご希望の年齢層の女性と交際できる可能性が高まりますよ。

もうすぐ1年が終わり新しい年が始まります。是非ダブルプレミアムで新しい出会いを見つけ、2018年を素敵なお相手と共に歩んでみてはいかがでしょうか?