【シチュエーション別に解説】年下女性を振り向かせるアプローチ方法

年上、同年代、年下――。女性は年齢に応じて魅力が様々に変化していきます。年下女性の魅力は「若々しくて元気」「自分のことを頼ってくれる」「反応が純粋」などが挙げられますが、この記事を開いたあなたも、少なからず年下の女性と付き合いたいと考えているはず。

では、いざ年下女性と付き合いたい!と考えた時、あなたはどのようにアプローチすれば効果的かご存知ですか?

実は女性から見た時、年上の男性は「大人のオトコ」として非常に魅力的に見えるもの。その魅力を磨けば、意中の年下女性を振り向かせるための武器になります。

年下女性はどのような年上男性を好きになるのか、どのような場面でどうアプローチしたら良いのか徹底解説します!

年下女性が年上男性に求める4つの要素

では、年下女性が年上男性に対してどんなことを望んでいるのでしょうか?女性の視点から具体的に見ていきましょう。

(1)包容力

年上男性の魅力としてよく挙げられる「包容力」。実例を挙げると、

  • 悩んでいる時に寄り添ってくれる
  • 根気強く黙って話を聞いてくれる
  • 疲れている時に労ってくれる
  • 彼女の失敗を感情的に責めない

など、彼女が弱っているシーンで見せる頼もしさや優しさがこれにあたります。

潜在的に「守ってほしい」「包み込んでほしい」と思っている女性は多いので、安心して頼れる存在だと印象付けることで、彼女からの信頼度がグッと上がります。

(2)安定感

安定感には、「経済的」安定感と「精神的」安定感の2つがあります。

「経済的」安定感は率直に言ってしまえば長期安定的な収入や保有資産が一定額あるかどうかですが、気になる彼女に対して年収や貯金額を教える必要はありません。しかし、身につけるものやちょっとした嗜好品をケチらない、デートの時、お財布の中身を気に掛ける様子を見せないなどの些細な行動から、経済的に安定しているかどうかを女性は見ていますので、デートの際の振る舞いや服装には普段から気を付けるとよいでしょう。

「精神的」安定感は、(1)で述べたような包容力に加え、

  • 怒った時に人や物にあたらない
  • 物事を客観的に見ることができる

など、大人らしい冷静さとして表面に現れます。

ただ、いかに年上の男性とはいえ完璧な人間ではありませんので、もし彼女に対して疲れた拍子に心無い言葉を言ってしまったり、ふと雑な態度を取ってしまったりした場合は、後からきちんと謝罪することでフォローしてください。

(3)問題解決能力、リード力

「年上」とは「人生の先輩」でもあります。困った時や未知の領域に踏み入った時の対処法を知っている、デートをはじめ物事の段取りがスムーズであるなど、様々なトラブルを率先して解決する姿や、自分の前の道をリードして切り開いて行ってくれる姿に女性は安心感を覚えます。

また、社会人としての豊富な経験も持っている年上男性は、仕事上のアドバイスをくれる存在としても頼りにされます。自分の新人時代の失敗談や、管理職・リーダーになった今だからこそ分かったことなど、具体的なエピソードを交えてアドバイスをすると喜ばれるでしょう。

(4)知識

多くの女性は「自分の知らない知識」を教えてもらうのが好きです。

穴場の夜景スポット、隠れ家的な美味しいレストラン、落ち着いて過ごせるカフェなど、デートで一緒に楽しめる知識は多いほど役立ちますので、普段から雑誌を読んだりお出かけアプリで情報を仕入れたりしてストックしておくのがおすすめです。

また、場所やお店の知識だけでなく、ちょっとした心理学や豆知識なども、移動時間や列に並んでいる間の話のネタとして喜ばれます。「●●さんって色んなことを知ってるんですね」と言ってもらえたら、好感度がアップした証拠です。

年上の武器を生かせ! シチュエーション別アプローチ方法

年下の女性が年上男性にどんなことを望んでいるのか、大体把握できたでしょうか? すべての要素を今すぐに身につけるのは大変でしょうから、まずは自分にできることから一つずつ試してみてくださいね。

それでは次に、前述した「年上男性の魅力」を存分にアピールできるアプローチ方法を、シチュエーション別にご紹介します。

(1)デートの誘い方編

まだ交際に至っていない女性をデートに誘うのは、最初の難関。

年上の男性らしさを見せて「この人とデートしたい」と思わせるためのポイントは、「スマートさと年上の余裕を見せる」「自然体をアピールする」の2つです。

具体的なコツを挙げてみましょう。

<メール、LINEで誘う場合>

  • 長文にせず、できるだけ簡潔に分かりやすく書く
  • 絵文字やスタンプは多くても1個にとどめる
  • 誘う時点で「好き」「付き合いたい」などのワードを出さない
  • 「いいお店を見つけたから」など、相手が警戒しない理由を添える
  • 必ず「もし都合が合えば」などのフレーズを入れ、相手に配慮する姿勢を見せる

<直接誘う場合>

  • オフィスで偶然二人きりになった時や、飲み会の帰りに駅まで歩く間など、自然なタイミングで話を切り出す
  • 早口にならず、穏やかな口調で落ち着いて話す
  • 「~に行こう」ではなく「~に一緒に行きたいと思ってるんだけど、どうかな?」と相手の意思を尊重する言い方をする
  • その場で返事がもらえなかった場合は、「返事が決まったら教えて」とその場は引き下がり、しつこく返事を催促しない

上記のコツを踏まえて行動すれば、彼女はあなたのことを、年下や同年代とは違う大人の男性として認識してくれるでしょう。

(2)デートスポットの選び方編

デートの場所を選ぶ際におすすめなのは、「自分が一緒に行きたい場所」と「彼女が行きたい場所」を両方ともデートコースに取り入れること。そうすれば、万が一彼女があなたの選んだデートスポットを気に入らなかった場合の挽回にもなりますし、「付き合ってからも私の意見を大切にしてくれる人なんだ」という印象を彼女に与えることができます。

また、日本初上陸のスイーツ店や話題の映画など、彼女の年齢層に人気があるものも一部デートコースに取り入れると、「年上だけど若い感覚も持ち合わせている人なんだな」あるいは「年下の私のために合わせてくれたんだ」と彼女の好感度を上げることができます。

<昼間におすすめのデートスポット>

  • シーサイドレストランやプラネタリウム・大型水槽を併設したカフェなど、視覚的にも楽しい飲食店
  • 庭園や自然公園など散策しながら落ち着いて話ができる場所

<夜におすすめのデートスポット>

  • ビルの高層階レストランなど、夜景が綺麗に見える場所
  • ジャズなど落ち着いた曲の生演奏を行っているレストラン
  • 混み合っていない隠れ家的レストラン
  • 紹介制・会員制のレストラン・バー

(3)デート中の振る舞い方編

さて、いざデートに出かけても、勢いに任せた態度で臨むと年上の大人らしさは失われ、彼女も嫌な気分になってしまいます。

年上男性らしいアプローチは、「さりげなく」「周到に準備して」行うのがポイント。

そのための方法として、

  • スケジュールを詰めすぎないこと
  • 柔軟に変更できるようにしておくこと
  • 常に彼女を気遣うこと

の3つがあります。

朝から晩まで盛り沢山のスケジュールを立ててしまうと、慌ただしい上に細かすぎる印象を彼女に与えてしまいます。また、不測の事態が起きた際にプランが総崩れになってしまいますので、予約する場所やお店は1~2か所にとどめておき、何かが起きた場合でも柔軟に応じられるようにしておきましょう。

デートプランは2~3パターン用意しておき、「雨が降ったらここ」「彼女のテンションがいまいち上がらなかったらここ」というように、念のための対策を練っておくと、いざという時にスムーズに対応でき、リード力や臨機応変な対応力をアピールすることができます。

また、歩幅を彼女に合わせてあげたり、できるだけ日陰を選んで歩いたりするなど、彼女が疲れたり嫌な思いをしていないかを常に気遣うようにしてください。ミュールやヒールの高いパンプスは、男性が思っている以上に疲れます。

いちいち彼女に「疲れた?」と聞いてから行動するのではなく、彼女が足を気にする様子を見せている、歩くペースが落ちてきた、などのサインをいち早く察知し、率先して「ちょっとコーヒーでも飲んで休もうか」と声をかければ、気が利く優しい人という印象を与え、行動で彼女にアプローチすることができます。

(4)会話編

言葉でのアプローチは、彼女の心をグッと掴むための最大の手段。

彼女の心を開いて信頼できる相手として認めてもらうには、まず彼女の話をたくさん聞いてあげましょう。

趣味の話、仕事の話、悩み事……。相づちを打ちながら、時には質問をして話を聞くと、彼女は「話しやすい」と感じるでしょう。

多くの場合、女性は話をする時、意見よりも同意を求めています。この時、「こうするべき」と上から目線でアドバイスをしたり、自分の考えを押し付けてしまったりすると、上司やお父さんのような印象を与えて一気に恋愛対象から外れてしまうので気を付けてください。

そして大一番、告白の際のアプローチポイントは、

  • 彼女の目を見ながら言う
  • シンプルな言葉で、ゆっくり伝える
  • 率直な気持ちを伝える

の3つ。

大人の年上男性だからこそ、飾った言葉ではなく、素直なありのままの気持ちを伝えることで、彼女に誠実さと真剣さが伝わるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

是非、あなたの魅力を更に磨いて、年下女性の心を掴んで離さないような「大人のオトコ」を目指してみてくださいね。

なお、「年下の女性と付き合いたいけど、今は相手がいない」という方向けに、「ダブルプレミアム」では、20代~32歳中心の客室乗務員(CA:キャビンアテンダント)に限定した女性のご紹介サービスを行っています。

この記事で学んだことを、素敵な年下女性に実践してみたい!という方は、この機会に「ダブルプレミアム」へ登録してみてはいかがでしょうか?

あなたの恋が上手く実ることを願っています!