【30代男性が知っておくべき】女性に好感度の高い秋冬デート服5つのルール

あっという間に夏が去り、上着がないと寒さを感じる季節になりましたね。皆さんのクローゼットも、もうすっかり秋冬仕様に替わっているのではないでしょうか。

さて、いつの季節もデートの服装は悩みの種ですが、重ね着やコートのセレクトなど、よりお洒落のテクニックが必要となってくるのがこれからの季節。シルバーウィークやクリスマスなど、大事なイベントも目白押しとなってきます。

そこで今回は、「デートにどんな服を選んだらいいのかイマイチ分からない…」というあなたのために、今年のトレンドを踏まえた好感度UP間違いなしのファッションをご紹介します。待ち合わせで遠くからあなたを見つけた彼女がキュンとなってしまうようなデート服の選び方を身に付けましょう!

デート服選びに欠かせない大前提

コーディネートを紹介する前に、まずはファッションにおける大前提をお話しします。基本的なことばかりですが、どれも大事なポイントですので、常に意識しておいてください。

(1)清潔感

とにもかくにも、ファッションにおいて大切なのは清潔感。

  • きちんと洗濯されている
  • 黄ばみやシミがない
  • 生地の傷みやシワがない
  • 袖や襟部分がヨレていない
  • 汗などの嫌な臭いがせず、ほのかに良い香りをまとっている

これらすべてが「清潔感」にあたります。

清潔感が欠けていると、どんなに素敵なコーディネートでも一瞬でNGな印象を与えてしまいますので、着る前に服をしっかり確認するようにしましょう。毛玉ができていないかも要チェックです。

(2)落ち着きと色彩のバランス

 

30代からは「大人の男」の色気が出てくる年齢。そんな大人男性の魅力を引き立てるには、けばけばしくないシンプルな服装がおすすめです。

ラメ入りや派手な柄、英字プリントなどの服はクローゼットから追放し、無地やストライプ、チェックなど、できるだけ落ち着いた柄のものを揃えましょう。

また色彩も落ち着いた印象が出るよう、モノトーン、ネイビー、ダークブラウンなどを選ぶと良いでしょう。重めの色ばかりだと暗くなってしまいますので、ベージュや生成色など、やわらかめの色を取り入れてあげると優しい印象になります。

(3)TPOに配慮する

服装を選ぶ際は見栄えの面だけでなく、デートでどこに行くか、どの時間帯に彼女と会うかといった点を考慮することも大切です。

銀座でディナーデートをするのであれば、ジャケットを羽織るなどきっちりめの服装を、お台場で映画を見るのであればジーンズを履いて少しカジュアルに、など、デートの行き先や時間帯によって自分のパターンをいくつか作っておきましょう。

そしてちょっと見落としがちなのが靴の汚れ。革靴はちょっとした汚れでも非常に目立ちますので、デートの前日には必ずお手入れをしてツヤ出しをしておきましょう。また、秋冬シーズンに活躍する起毛素材の靴は泥ハネや雨のシミが付きやすいため、ブラシや防水スプレーを使ってこまめに管理を。

(4)小物にも気を配る

 

男性ファッションでは腕時計や帽子、ベルトなどの小物も、大人の男を演出するための重要なアイテム。

女性はピアスやネックレス、指輪など普段からお洒落に多くの小物を取り入れているため、男性の小物にも敏感。小物も含めたデート時の総合コーディネートは、常にコッソリ採点されていると思ってください。袖口からチラッと腕時計が見えたり、服装によってベルトを替えていたりすると、「この人は細かいところまでちゃんとこだわっているんだな」と心の中で二重マルをもらえます。

一度のコーディネートで、帽子もネックレスも腕時計も指輪も……といった感じに小物を詰め込みすぎてしまうと、気合いが入りすぎ、かえってお洒落初心者感が出てしまいますので、アクセントとなる小物は1つか2つに抑えておいた方がいいでしょう。

(5)自分に合うコーディネートを知る

「自分に合った服を選ぶ」というのは男女ともにファッションの鉄則。例えば、筋肉質な人はタイトなパンツを履く、身長が低めな人は短めのトップスを選ぶなど、人にはそれぞれ似合う服装というものがあります。

無理してモデルや芸能人に合わせるのではなく、あなたの個性を活かした服を身にまとうことが大事。たくさん試着をして、どんな色や仕立ての服が自分に似合うのかを把握しましょう。

大切なのはブランドや値段よりも、総合的なコーディネートのセンスと、自分に合った服装を選べているか(自分を客観的に見られているか)です。

どのトップスがどのボトムスに合うのか分からない、全体のコーディネートが苦手という方は、恥ずかしがらずにショップの店員さんに聞くのが一番です。自分がすでに持っているアイテムをスマホで撮影しておき、お店で店員さんに見せれば、それに合うアイテムを提案してくれます。

【アイテム別】女性ウケ間違いなしの秋冬デート服とは?

ではいよいよ、具体的なアイテムの選び方とルールについてご紹介していきましょう。ちなみに2017年秋冬の男性ファッションのカラートレンドは、ブラック、ブラウン、カーキなどのダークカラーと、レッドやサンシャインオレンジといった紅葉のような鮮やかなカラー。暗めの色で大人っぽくまとめた中に、差し色として明るいカラーを上手く取り入れたいですね。

<トップス編1>秋冬はアウターを考慮したトップスを選ぼう

 

秋冬デートにおすすめなトップスは、王道の襟付きシャツと今年のトレンドのタートルネックです。

襟付きシャツは大概の女性に好まれ、色や柄も多彩でどんな体型の人にも似合う王道アイテム。クローゼットの中に無地、ボーダー、小花柄など複数のパターンを常駐させておけば、彼女に「またこのシャツ?」なんて言われることもありません。

タートルネックは昨年に引き続き今年も人気アイテム。ジャケットやロングコートとの相性も抜群で、最近ではオフィスや高級レストランでも着用OKな準フォーマルウェアとしての地位も確立しつつあります。

秋冬のトップスを選ぶ上で重要なルールは、「アウターを意識する」ということ。トップス1枚だと厳しいこれからの季節はカーディガンやジャケット、セーターなどと組み合わせる場合がほとんど。そのため、上着を着ていても脱いでも、どちらでも通用するトップスを選ぶようにしましょう。

<トップス編2>秋冬らしさを出すニットは体型を考慮して

ニットやセーターは秋冬のファッションで欠かせませんが、体型によって着こなしが難しいアイテムでもあります。

痩せ型~普通体型の人には、襟元が詰まったものや厚手、ロング丈のニットなど、大体どんなデザインのものでも合います。少しカジュアルにビッグシルエットのニットを選び、下はタイトなパンツを合わせるのもいいでしょう。

逆に筋肉質であったり肩幅が広い人は体が実際のサイズ以上に大きく見えてしまうので、だぼだぼサイズのニットを選ぶのはNG。自分の体プラスちょっとだけゆとりのあるサイズを選びましょう。襟元も丸襟や詰まっているものは窮屈に見えるため、ゆったりと開いたデザインのものやVネックのものを選ぶのをおすすめします。

また、ベージュやピンクなどの膨張色をトップスに持ってきてしまうと、ガタイのいい人は上半身ばかり目立ってしまいますので、上はブラックやネイビーで重めにまとめ、パンツをベージュや明るめのデニムにするなどして締まった印象を与えられるようにしましょう。

<アウター編>上着は着丈と着膨れに注意

冬に移行する前の15~20℃くらいの微妙な気温の時期は、簡単に脱ぎ着できるカーディガンやジャケットがおすすめです。

カーディガンとシャツのコーディネートは清潔感+知的なイメージがあるため、女性からのウケは抜群。ざっくり編みの厚手ニットに薄手のインナーを合わせるのも、大人の印象が出ていいですね。

ジャケットは万人受けするテーラードジャケットが無難ですが、着丈には注意したいところ。背の高さや足の長さによってジャケットを着た際の印象は全く変わってしまいますので、買う前に必ず試着して、自分に合った着丈のものを買うようにしてくださいね。ベルトのライン、あるいはベルトから少し下の丈のものを選ぶとスッキリ見えます。

冬本番になってきたら、いよいよダウンジャケットやダッフルコートなど厚手のコートの出番。主なアイテムごとに、似合う人の特徴や女性からの印象をまとめましたので参考にしてみてください。

・ダウンジャケット

防寒性は抜群ですが、着膨れには十分注意が必要です。UNIQLOの「ウルトラライトダウン」など、薄くて軽いものを選ぶと、スマートな感じが出て彼女の好感度もUP。

・Pコート

締まって見え、女性からの人気も高いPコート。ブラック、グレー、キャメルなどの色はパンツなど他の色とも合わせやすいのであらゆるインナーとの親和性も抜群。足を長く見せたい人にもおすすめです。

・トレンチコート

着丈の長いトレンチコートは背の高い人にバッチリ似合うアイテム。ディナーデートやちょっと豪華な場所でのデートの際はトレンチコートで決めると、上品さ+大人らしさが出てGOOD。自分の膝上丈くらいのものを選んでください。

・ダッフルコート/モッズコート

ちょっとカジュアル感のあるこれらのコートは、シンプルなインナーと合わせれば落ち着きが出て30代が着てもバランスの取れた印象になります。ファーが沢山つきすぎているものは清潔感を損ねる原因にもなるので、少なめ&ファーが抜けにくいものを選びましょう。

<ボトムス編>タイトめなパンツでスッキリと

これまでの項目内でもおすすめしてきた細めでタイトなパンツ。ほぼすべてと言ってもいいくらい様々なトップスやアウターと相性がいいため、ブラック・カーキ・ベージュなど、3パターンくらいの色を揃えておけば、それだけでコーディネートに困りません。

ただ、身体にぴっちりするデザインのため、自分の体に本当に合っているかどうかは購入前にきちんと確かめたいところ。試着の際には歩く、座る、立ち上がるなどの動作を一通り試し、体に食い込まないかをチェック。また、食事後のお腹の膨れも考慮して、キツすぎないサイズのものを選ぶようにしてください。スポーツなどをしていて、ふくらはぎの筋肉が付いている人には、スキニーよりも多少余裕のあるテーパードパンツがおすすめです。

まとめ

男性から「コーディネートが苦手だ」という意見をよく耳にしますが、このパンツにはこのトップス、このシャツにはカーディガンかダウンベスト、というように予めパターンを作っておくと、自分の中で基本のセットが出来上がり、そこから更にアレンジしてコーディネートできるようになります。

まずはシンプルな組み合わせから初めて、徐々に自分らしさを出せる服装を見つけてみてください。

さて、「デート服は完璧なのに、肝心のデート相手がいない」というあなた、嘆くのはまだ早いですよ!

ダブルプレミアムでは、医師・会計士・国家公務員などのハイクラスな男性に向け、現役の女性客室乗務員を毎月5名、自動でご紹介するサービスを提供しています。登録している女性の年齢は20代~32歳中心。毎月60%以上のマッチング率を誇る信頼性の高いサービスですので、クリスマスに向けて彼女が欲しい! という方は是非、登録されてみてはいかがでしょうか。