仕事も恋愛も「デキる男」に共通する10個の特徴とは

仕事ができる男

「仕事が出来る男性は恋愛上手!」
皆さんの職場にも一人は“絶対的エース”の地位を確立しているデキる男性がいるのではないでしょうか?
そして、そのような男性はやはり女性にもモテます!

このように仕事も恋愛もデキる男性と言うのは、男性からも女性からも好かれる魅力…つまり人としての魅力である「人間力」が高いのです。

そこで今回は、このように仕事も恋愛も「デキる男性」にはどのような特徴があるのか、その共通点を探っていきたいと思います。
これまでは、デキる男性を見て「あいつはスゴイな…」と思っていたかもしれませんが、この特徴さえ抑えておけば、今度はあなたが羨望の眼差しを浴びること間違いなしです!

仕事も恋愛も「デキる男」に共通する10個の特徴

それでは早速「デキる男性」に共通する特徴について、「時間編」と「人柄編」の2つに分けて見ていきましょう。

時間編

デキる男性は時間の使い方が上手です。
具体的には以下のような特徴が挙げられます。

1.歩くスピードが速い

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s
仕事などをする上で最も無駄とも言えるのが移動時間ですよね。
そこで、速く歩くことで移動時間を少しでも短縮することが出来、その分他のことに時間を割くことが出来るので、歩行速度が速い男性は出世すると言われています。

もちろん、デートの際には女性の速さに合わせて歩くことも忘れません

2.必要以上に片付けない

少し意外かもしれませんが、デキる男性は机の上や部屋などを見てみると整理整頓されていない人が多いです。
ただし、これは“他人から見て”ということであって、自分ではどこに何があるか把握しているので、ただ片付けないという訳ではありません。
よく使うものは手の届く見える範囲に置いているため、必要な時に探す手間が省けます。

また、家では洗濯物などは畳まずに、ハンガーにかけてそのままクローゼットなどにそのまま収納するという男性も多いです。
このようにデキる男性は、理由があるものについては片付けないことで時間を有効に使っているのです。

3.複数のタスクを同時進行

87deeecfb12119f452917443db967a04_s
仕事が早い男性は、複数のタスクを効率よく同時進行することが出来ます。
例えば、お客様に電話をかけながら、スケジュールを組み立てたり、書類を作成したり…というように、時間を最大限に活かして出来ることをします。

そして、同時進行をしていても、しっかりとクオリティを保つことが出来るので、周りからも信頼され、どんどん仕事を任されるようになり、出世もしやすく高い収入を得られるようになります。
そう、デキる男性はお金にも余裕があるのです。

4.残業ありきで仕事をしない

ON/OFFの切り替えがしっかり出来る男性は、残業を含めて仕事の計画を立てることはしません。
極力時間内に仕事を終わらせて、その後はプライベートの時間として有意義に過ごすためです。

もちろん会社や上司の意向もあり、やむを得ず残業することもあるかと思いますが、その際には、ただダラダラ過ごして時間だけが経過していくような働き方はしません。
残業するからには、それなりの成果を出してこそ出来る男性なのです。

5.メールやLINEはすぐに返信

仕事でも恋愛でも、デキる男性はメールやLINEはすぐに返信します。
よく恋愛は駆け引きだからと言って、少し焦らして返信をするというテクニックを聞くこともあるかと思いますが、誰だって連絡をしたらすぐに返事が欲しいですよね。

それに、タイミングを見て返信しようと思っているうちに、忘れてしまうということもあります。
百歩譲って恋愛なら「ごめん」で済むかもしれませんが、もしそれがクライアントとの大切な取引の連絡だったら取り返しのつかないことになることも…。
「連絡が来たらすぐ返す!」ということが習慣化されていると、返信までの時間も少なく他のことが出来る余裕も生まれます。

人柄編

デキる男性は、相手のことを思いやる気遣いが出来ることはもちろん、それ以外にも以下のような特徴があります。

1.負けず嫌い

誰にでも優しくて朗らかな人でも、デキる男性は内なる闘志を燃やしている負けず嫌いな人が多いです。
負けず嫌いと言うことは、何に対しても情熱を持って取り組むことが出来、向上心が強く、デキない自分が許せません。
目標を達成するためには、努力を惜しまないので、結果的にデキる男性となっているのです。

2.声が大きい

声が大きい男性は、言葉に力があります。
特に男性は声が小さいと自信がないように見えますし、説得力がありません。

例えば、仕事のプレゼンなどでハリのある通る声で話すと、語尾が聞こえないようなか細い声で話すのとでは同じ内容だったとしても、印象が全く異なります。
人と人とのコミュニケーション方法は様々ありますが、最も伝わりやすく簡単な方法は言葉を交わすことです。
大きな声でハッキリと話す人は、信頼関係を築くのも上手なのです。
ただし、“騒がしい大きさ”ではなく、“聞きやすい大きさ”というのがポイントです。

3.何にでもやりがい・楽しさを見いだせる

447bc5a3f8541c1e10d4c6a473f77f9d_s
男性でも女性でも人の愚痴を聞くこと程つまらないことはありません。
特に女性は男性の仕事の愚痴が大嫌いです。

その点、デキる男性は仕事に対して「忙しい」「疲れる」などと愚痴は言いません
仕事は楽しいと思えることの何十倍も辛いことや思い通りに行かないことの方が多いと思いますが、それ以上にやりがいや喜びを見つけることが出来るからです。

それが、職場で輝く男性の特徴です。
時には弱音を吐くこともありますが、女性の前では決して言いません。

さらに、デキる男性は仕事も遊びも全力で行います。
やる時はやって、プライベートは時には睡眠時間が減ってしまうほど思いっきり楽しむことで充実した生活を送ることが出来ます。

また、没頭できる趣味を持っているのも特徴の一つです。
「仕事だけ」「恋愛だけ」ではなく、一人や仲間と楽しむ時間を大切にすることで、その他の時間も大切にすることが出来るのです。

4.有言実行+α

自分で行ったことに責任を持って実行するは、他の人からの信頼を得ることが出来ます。
では、世の中のデキる男性はなぜ有言実行が出来るかと言うと、それは自分のキャパシティを知っているからです。
つまり、出来ないことは引き受けない。

ですが、やるからには求められたこと以上のことをやり遂げてこそデキる人なのです。
自分の限界を知っているからこそ、その+αの部分を追加することで、さらにレベルアップをし続けることが出来、続けていくことで自分自身の限界を引き上げていくことが出来るのです。

5.こだわり×柔軟な思考

魅力的な男性は、自分の信念に基づいて行動をし、財布や時計、洋服など身に付けるものにもこだわりを持っています。

ですがその一方で、好奇心旺盛で新しいことに興味を持ち、良いと思ったことは素直に取り入れるという柔軟な思考の持ち主でもあります。

頑固一徹が男らしいという意見もありますが、それは少し前の話。
今は、物事を多角的に捉えて、臨機応変に対応できる人こそがデキる人なのです。

それは、仕事でも恋愛でも同じです。
仕事の内容や恋愛する人に合わせて、自分の考えをしっかり持ちつつ、新しいことを取り入れていく勇気を持った人の方が、魅力を高めていくことが出来ます。

まとめ

さて、今回は仕事でも恋愛も「デキる男」の特徴についてご紹介させていただきました。
自分らしさを追求しながら、仕事も恋愛も遊びも全力で行うことで、男性からも女性からも魅力的に見える「デキる男性」になることが出来ます。

また、人を喜ばせることだけでなく、自分が楽しむことも大切なことです。
そうすることで、見せかけではない真の「デキる男」になれるはずです。

また、そのような男性になるためには、一緒にお互いを高められるような女性の存在は必須です。
周りのデキる男性を見渡してみてください。
皆さんパートナーがいるのではないでしょうか?

もしも、現在パートナーがいないという方は、思い切って婚活パーティなどに参加して、素敵な女性を見つけてみるのもオススメです。
やはり男性にとって愛しい女性がいるのといないのとでは、ここぞという時の気合いの入り方が全く異なります。

例えば、男性の憧れの職種でもあるCA(キャビンアテンダント)なら、容姿端麗で仕事に誇りを持っている女性が多く、お互いを高め合う存在としてはピッタリです。
そして、女性CA限定の紹介サービス「ダブルプレミアム」なら、20~30代前半のCAとたくさん出会うことが出来ます。

デキる女性」とも言えるCAとの出会いは、きっとあなたを「デキる男性」へと導いてくれるはずです。