人気職種のCAと合コンする方法と注意点

596138a2ff9191296889fc40053f4e36_m
「合コン」を頻繁に行っている職種と言えば、なんとなくCA(キャビンアテンダント)を想像される方も多いかと思いますが、よく合コンに参加されている男性の方でも、“一度もCAと出会ったことなんてない…”という方がほとんどではないでしょうか?

ですが、CAの皆さんは多忙なスケジュールにも関わらず、人によっては週1~3ペースで参加されているという方も少なくありません。
では、そのようなCAと合コンをするにはどのようにしたら良いのでしょうか?
それに、もし実際にチャンスが訪れた場合、合コンだけの関係で終わらせてしまうのはもったいないですよね。

そこで今回は、男性の憧れの職種でもある「CAと合コンする方法と注意点」についてご紹介させていただきます。

※合コン以外の出会う方法は、「CA(キャビンアテンダント)と出会い仲良くなる方法」で解説しています。本記事と合わせてご覧ください。

CAが合コンしたい男性ってどんな人?

さて、CAと合コンをしたい男性はたくさんいると思いますが、実際に合コンで出会ったことがない方は、もしかすると今の時点ではCAが合コンしたいと思える男性には当てはまっていないのかもしれません…。
そこで、まずは合コンをするチャンスを掴むためにも、CAが求めている男性の特徴について見ていきましょう。

1.それなりに財力のある男性

3aa04f21d330514cecaa31a1941ea95f_s
世界各国、全国各地を飛び回っているCA。
その分色々な男性からのお誘いも多いため、合コンなどは医者や弁護士、大手一流企業に勤めている男性を優先して行うことが多いと言います。

CAはとても華やかに見えますが、実際の仕事はほぼ肉体労働ですので、一生働き続ける方は少ないです。
そのようなこともあり、将来も同じような生活を続けるためには、パートナーにはやはり財力のある男性を選びたいと考えており、そのための合コンでもあります。

ちなみに厚生労働省の調査によると、CAの平成27年の平均年収は471万円だったそうです。
年代別では、20代前半321万円、20代後半366万円、30代前半459万円、30代後半が580万円となっています。

女性全体の平均年収は20~30代で196~249万円ですので、それよりも年収が上回っているCAとしては将来も同じ水準、もしくは今以上の生活を送るためにも、最低でも自分以上の年収がある男性というのが一つの基準となっているようです。

参考:参考:客室乗務員(キャビンアテンダント)の給料・年収
参考:参考:平成27年賃金構造基本統計調査の概要

2.仕事を理解してくれる男性

CAはシフトが不規則であり、フライト先に宿泊することもあるため、中々時間が合わずにデートなどが出来ない場合もあります。
また、楽しみにしていたデートの予定も急遽キャンセルしなきゃいけない…ということだってあります。
そのような時に、嫌な顔をしたり、文句を言ってくるような男性は長続きしません

そうではなく、おおらかな気持ちで

「残念だけど気にしないで!また次の機会に」

「大変だね。体壊さないようにね」

などと、労ってくれる男性は「きちんと私の仕事を理解してくれている」と感じるものです。
また、逆に突然休日や空き時間が出来たという時にも、フレキシブルにスケジュールを合わせられる男性はCAからの好感度は高いです。

3.一人の女性として見てくれる男性

74cc0cb144477826ff5cde68002c24a6_s
CAの皆さんは、自分の仕事に誇りを持って日々の業務を務めています。
ですがその一方で、「CA」という肩書に惹かれて近づいてくる男性が多く、うんざりしてしまうこともあります。

CAは美人でスタイルが良く、所作も綺麗と言うようなイメージがあり、今も昔も男性の憧れの職業の一つではありますが、それは興味を持つきっかけであって、プライベートではきちんと一人の女性として見て欲しいと思っています
「CAだから魅力的」ではなく「○○さんのこういう所が魅力的」というように、本来の自分をしっかり見てくれているとわかれば、安心して一緒にいることが出来るのです。

どこで知り合うの?CAと合コンする方法

さて、続いてはいよいよCAを合コンする方法についてご紹介させていただきます。

1.CAの知り合いがいる友人が開催

最も一般的なのは、CAの知り合いがいる友人や知人にセッティングしてもらって合コンをするケースです。

前述したように、医者や弁護士などの知り合いがいる方は、特に参加できるチャンスが多いかと思います。
ですが、現在そのような知り合いがいないという方は難しいかもしれません。
少し時間がかかりますが友人作りから始めるというのも一つの手です。

2.直接CAと知り合いになる

こちらは飛行機に乗った際に連絡先を交換するなどして、直接CAと知り合いになり、そこで合コンを開催してもらう方法です。

ただし、よく飛行機に乗りビジネスクラスを利用されることが多い方は、CAの方が覚えている場合もあり、連絡先を交換出来る可能性はありますが、あまり飛行機を利用せずエコノミークラスしか利用しないという方は、少しハードルが高いかもしれません。

ちなみに、CAはフライト後に空港のラウンジなどで食事をしていることもありますので、そのタイミングを狙って声をかけてみるのも良いかと思います。
ですが、その際には相手の状況を見て、迷惑を掛けないかきちんと配慮をして話しかけましょう

3.合コンセッティングサイトを利用する

laptop-1146825_640
最近では、合コンをセッティングするためのサイトも多くあります。
中でも、「CA限定」などと職種を指定出来るところを利用すれば、簡単にCAとの合コンに参加することが出来ます。

上記の2つの方法に比べると、簡単で確実にCAと出会うことが出来ますが、その分しっかりと信頼できるサイトを選択する必要があります

いざCAと合コン!チャンスを掴むための注意点

さて、CAとの合コンの開催が決まったからと言って、何の準備もせずに行ってしまってはチャンスをものにすることは出来ません。
そこで、ここからは合コンに行く前に是非ご覧いただきたい3つの注意点についてご紹介させていただきます。

1.女性にお金を払わせるのはNG!

普段から富裕層との付き合いが多いCAは、例え1000円だとしても「お金を払う=二次会にいく価値なし」と感じる方も多いそう。
もしも合コンのセッティングが上手く行った場合には、男性が女性の分も払うつもりで行いましょう。

2.CA用語はNG!

88da9981c6d68a8ec9fc2ab2e9b5764d_s
CA好きの男性の中には、その知識を自慢するかのように「CA用語」を多用する方がいますが、それはNGです。
CA用語とは、「ラバ(LAVA)トイレ」「パックス(PAX)乗客」「ピーエー(PA)機内アナウンス」のように、フライト中にCAがコミュニケーションをとるための専門用語です。

ちょっとした話題提供などとして、「今日のために調べて来たんだけど、CA同士は機内アナウンスのことPAって言うんですか?」などと会話を振ってみる程度なら良いかもしれませんが、基本的には仕事に関することは彼女たちが話したがらない限り、触れない方が良いでしょう。

下手に使いすぎると、

「過去にCAと付き合ってたの?」

「いつもCAと合コンしているんだ…」

と思われてしまい、イメージダウンです。

3.「CA」好きはNG!

CAの中には、合コンで「航空関係」などとはっきり職業を言いたがらない方もいます。
それは、前述したように「CA」という色眼鏡で見られるのが嫌だからです。

ですので、明らかにそうだと思っても、あえて「CAでしょ?」などと掘り下げることはせず、女性の方から打ち明けてくるまでは、職業については言及しないようにしましょう。
あくまでも、会話や食事、お酒などを楽しみながら一緒に良い時間を過ごすということに重点を置きましょう。

ですが、その後の関係を発展させるためには、「普段から多くの素敵な男性を見てきているCAだ」ということは忘れずに、紳士的な振る舞いを心掛けながら、アプローチをしましょう

まとめ

さて、今回は「CAと合コンする方法と注意点」についてご紹介させていただきました。
これまでCAとの合コンに憧れていたけどチャンスがなかったという方も、こちらをご覧いただき、参加してみてください。

ですが、男性の中にはCAと合コンをすることは出来たけど、

「女性だけで盛り上がってこちらは蚊帳の外…」

「彼女たちの分まで払ったけど、全然その後の進展がなかった…」

など、上手く行かなかったという声もよく聞きます。

そこで、もっと簡単にたくさんのCAとの出会いを実現させたい方には、女性CA限定の紹介サービス「ダブルプレミアム」がオススメです。

登録されている女性は20~30代前半の現役CAだけなので、効率よく出会えますね。

また、女性も出会いを求めて登録しているので、恋愛や結婚に発展しやすいというメリットもあります。
CAとの出会いを求めている方は、合コンも良いですがCA限定の紹介サービス「ダブルプレミアム」でたくさんの女性の中からあなたにぴったりな素敵な女性を探し出してみてください。
そこにはきっと運命の女性との出会いがあるはずです。