飛行機内でモテる男になろう!CAがサービスしたくなる男性とは?

キャビンアテンダント

皆さんの中には、出張や旅行などでよく飛行機を利用される方もいらっしゃるかと思います。
その際に「あれ?客室乗務員の接客の仕方が人によって微妙に違う…?」と思われた経験はありませんか?

もちろんビジネスクラスエコノミークラスでは、提供されるサービスが違うのは当然ですが、キャビンアテンダント(CA)だって人間です。
お客様全員に最高のサービスを提供しようと努めていますが、「この人素敵だな」と思った男性には、さらにとびっきりのサービスをしたくなるものです。

そこで今回は、機内でCAがもっとサービスをしたくなるようなモテる男性になるための方法についてご紹介させていただきます。
こちらをご覧いただき、次回のフライトで早速実践してみてください!

※CAと出会い仲良くなる方法は、「CA(キャビンアテンダント)と出会い仲良くなる方法」で解説しています。CAとの出会いに興味のある方は、是非ご覧ください。

機内ではこんな男性がモテる?CAがサービスしたくなる男性の3つの特徴

さて、CAからモテる男性には一体どのような特徴があるのでしょうか?
それでは早速、機内でモテる男性になるための第一歩として、その傾向を探っていきましょう。

1.笑顔で微笑み返しが出来る

いつもニコニコしている女性がモテるように、笑顔が素敵な男性はモテます。

機内では常にCAが笑顔で接客をしてくれますが、乗客の方は必ずしもそうではありません。
いつもムスッとした顔をしていたり、目が合ってもすぐに目を逸らせてしまう人が意外と多いものです。

そこで、目が合った時に笑顔で微笑んでくれる男性はCAにとっても接しやすい乗客となり、他の乗客との差別化を図りながら好印象を与えることが出来ます。

ただし、常にニヤニヤしてしまうと気持ち悪い人と思われてしまう可能性もありますので、目があったときに自然に少し微笑むくらいがベストです。

2.他の人への気遣いが出来る

飛行機にはたくさんの乗客が乗っていますが、それに対してCAの数は少ないので、フライト中CAは大忙しです。
そのような時に、例えば自分の荷物を置くついでに他の乗客の荷物も一緒に棚に上げるなど、気配りが出来る男性はCAの目にも素敵に映ります。

また、飲み物や新聞などを頼む際にも「手が空いた時でいいので…」などと相手を思う一言を添えるだけで、優しい紳士の振る舞いに変化します。
乗客はサービスを受ける側ですが、だからこそちょっとした気遣いをすることで、「あのお客様にはもっと喜んでもらいたい」と思わせることが出来ます。

3.感謝の気持ちをしっかり伝えられる

機内では、飲み物や食べ物、イヤホンやブランケットなど CAから受けるサービスはたくさんあります。
ですが、受け取るときに「ありがとう」と言えない乗客は意外と多いものです。

ぶっきらぼうに会釈をするだけだったり、目も見ずに受け取ったり、「ありがとう」と言っていても声が小さすぎて聞こえていなかったり…と中々きちんと感謝の気持ちを上手く伝えられていない方もいらっしゃいます。

たった一言ですが、その一言だけで「自分が提供したサービスに満足してくれたみたい。嬉しい!」と彼女たちの自信にもつながりますし、素直に嬉しい気持ちになるものです。

こんな乗客はNG!CAに嫌がられる男性の3つの特徴

さて、続いてはCAに嫌がられる男性の特徴についても見ていきましょう。
気が付かないうちにこのような言動をとっていないかチェックしてみてください。

1.横柄な態度をとる

こちらは男性に限らずですが、「高いチケット代を払っているんだから当然だろ!」とでも言わんばかりに、「新聞!」などと横柄な態度をとる乗客はやはり嫌がられてしまいます。

女性が男性に最も幻滅する理由の一つに「店員などに横柄な態度をとる」というものがあります
お金を払っているかどうかは関係なく、人として醜い部分が見えてしまいますので、どのような時でも気遣う気持ちを持つことがジェントルマンのたしなみです。

2.何度も呼びつける

CAは乗客が快適に乗れるようにサービスを提供することが仕事ですが、乗客は一人ではありません。

ですが、一人の乗客が短時間のうちに何度も呼びつけてしまうと他の乗客に同じようなサービスを提供することが出来なくなってしまいます。
飲み物や新聞など要求がたくさんある場合や、その後すぐに頼みそうだなと思う場合には一度にまとめて依頼するようにしましょう。

また、タイミングを見ながら注文することも大切です。
特に、何度も飛行機を利用されている方は食事の裏メニューなどがある事をご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、忙しい時間のオーダーは避けるようにしましょう。

もし、どうしても頼みたい場合には、「いつでも良いので」などと一言添えて注文すると良いかと思います。
飛行機に乗る際は、より良いサービスを受けたいと思っているなら尚更周りをよく見ることで、CAのハートを掴むことが出来、結果的にそのようにしてくれるようになります。

3.日本人なのに英語で話したがる

特に国際線の乗客で時々見かけることがありますが、明らかに日本人なのに日本人のCAに英語で話しかけている方は要注意です。
英語力に自信があってCAへのアピールになると考えてからの行動かもしれませんが、全くの逆効果です。

外国人のCAであれば良いのですが、日本人のCAから日本語で話しかけられているのにも関わらず英語で返すような方は、CAだけでなく周りの乗客の方からも「あの人何なんだろう…」という冷たい目で見られてしまいます。

どんなに優れた能力を持っていても、使う場面を間違えてしまえば滑稽に見えてしまいますので、身に覚えがある方は辞めた方が良いでしょう。

CAがサービスしたくなる男性になるための3つのポイント

さて、ここまででCAがサービスしたくなる男性と嫌がられる男性の特徴を見てきましたが、最後に飛行機に乗る際にジェントルマンと思われるようなポイントをまとめてみたいと思います。
どれも簡単な事ばかりですので、是非フライトの前に頭に入れておいていただき、実践してみてください。

1.挨拶や感謝の言葉ははっきり言おう!

感じの良い乗客になるためには、挨拶は欠かせません。
CAの方は乗客が飛行機に乗る際と降りる際に、必ず一人一人に挨拶をしています。

ですが、大半の方は軽く会釈をするかそのまま席へ向かうかと思います。
そこで、「こんにちは」などとしっかり挨拶することで、周りと差をつけることが出来ます。

この時、聞こえないくらい小さな声では意味がありませんので、聞こえるようにはっきりと挨拶してみましょう。
それと、前述したようにドリンクやブランケットなどを持ってきてもらった際にはきちんと「ありがとう」を伝えましょう。

また、例えば「あなたのサービスのおかげで長旅も快適だよ」などと労いの言葉をプラスするとさらに効果的です。

2.さりげない気配りで紳士さをアピールしよう!

何かを頼む際には「お手すきの時に」や「いつでも良いので」などと言った、CAを気遣うような一言を添えてみましょう。

また、ジャケットなどを預ける際や、トイレなどに行くついでに飲み物などを頼む際には座席番号も一緒に伝えると、席を探す手間が省けるのでCAは「良くわかってくれているお客様だな」と一目置かれること間違いなしです。

3.名刺を渡す時はスマートに!

CAの中には乗客との出会いを求めている方もいらっしゃいます。
ただ、他のCAや乗客に見られると何かと面倒なので、その辺も考慮して渡すタイミングは気を付けましょう。

気になるCAがいた場合には、何か注文をした際にさっと渡したり、飛行機を降りる際にそっと近づき、質問をするふりをしながら渡すなど、業務に支障をきたさないように配慮しながら渡してみましょう。

機内でトキメクような紳士の対応をしていたならば、きっと名刺をもらうことは嬉しいはずです。

まとめ

さて今回は、CAがより良いサービスをしたくなるような男性についてご紹介させていただきました。
いつも素晴らしいサービスを提供してくれるCAですが、さらに上を行くサービスをしたくなるような男性になるためには、自分は客だということは忘れて、むしろCAを喜ばせる・楽しませるような魅力的な紳士になって飛行機に乗ってみてください

そうすれば、今までよりももっと良いサービスを受けられるはずです。
また、そこから恋に発展するようなドラマティックな展開があるかもしれません。

ですが、もっと簡単にCAとの出会いを求めるなら20代~30代前半の女性CA限定の紹介サービス「ダブルプレミアム」がオススメです。
機内では誘うのが難しいという方も、一度にたくさんのCAと出会うことが出来るので、CAとの恋愛や結婚をしたいという方は是非参加してみてください。
乗客の一人ではなく、あなただけへの特別な笑顔が見られるはずです。